Columns

コラム

NEW

閉経後になりやすい膀胱炎、その原因と予防法

  • 40~50's
  • 60's〜

なんとなく下腹部に不快感がある、トイレに行ったばかりなのにまた行きたくなる・・・幅広い年代が発症する「膀胱炎」ですが、中でも閉経後に発症した膀胱炎は、複雑な要因が重なり合って慢性化・長期化する傾向があります。

こうした慢性膀胱炎を防ぐには、その原因を知り、早期に適切なケアをスタートすることがとても大切です。

 

今回は、閉経後になりやすい膀胱炎の原因とその予防法をお伝えします。

閉経後に膀胱炎になりやすい理由、GSMって何?

女性ホルモン(エストロゲン)の低下に伴う、外陰部や腟といったデリケートゾーンの萎縮、またそれによって起きる不快な身体症状を「GSM(閉経後性器尿路症候群)」と言い、婦人科医学会で今後さらなる研究が期待される分野のひとつとなっています。そんなGSM症状のひとつに、膀胱炎があります。

 

 

 

用語説明:GSMとは…閉経後性器尿路症候群の略称。閉経後の女性ホルモン(エストロゲン)低下による、腟と外陰部の構造萎縮やそれに伴う違和感や性機能障害、尿路機能に悪影響を及ぼす状態を表す概念であり、2014年から北米閉経学会などの機関誌に掲載され誕生した用語です。

現在では、女性のQOL(生活の質)を落とす症候群として、その啓蒙に積極的な取り組みが行われています。

女性ホルモンの減少で起こる萎縮性腟炎と膀胱炎の関係

本来、健康な腟には、ラクトバチルスを中心とした乳酸菌が豊富に存在していて、腟内を酸性に保ち、自浄作用で細菌や雑菌の増殖を防いでいます。女性ホルモン(エストロゲン)の役割は、このラクトバチルスのもとになるグリコーゲンを増やしたり、腟粘膜の潤いを保持したりすること。

 

閉経して女性ホルモン(エストロゲン)が欠乏すると、腟粘膜が薄くなって乾燥しやすい萎縮性腟炎の状態になるのですが、同時にグリコーゲンも減少して腟内の酸性度が下がり、自浄作用も低下します。すると、それによって雑菌の繁殖を抑える力が低下し、膀胱炎を発症しやすくなるのです。

 

もちろん、閉経後のすべての膀胱炎の原因がGSMであるとは限りませんが、メカニズムとしては関連があるといえるでしょう。女性ホルモン(エストロゲン)が減ると、特に腎臓や泌尿器の雑菌は増える傾向があるので注意が必要です。

もうひとつの膀胱炎の原因、骨盤性器脱とは?

また、同じくGSMの症状のひとつである骨盤臓器脱が、膀胱炎を誘発することもあります。骨盤臓器脱は、女性ホルモン(エストロゲン)の減少、加齢による筋力低下などで子宮を支えている靭帯や骨盤底筋群と呼ばれる筋肉が緩むことによって、骨盤の中にある子宮や膀胱、直腸などが下がってきたり、さらには腟から飛び出てしまったりする疾患です。腟から飛び出た臓器が下着などにふれてこすれ、デリケートゾーンに炎症が起きて膀胱炎につながるほか、臓器の圧迫によって起きる頻尿、残尿感、尿漏れなどが、炎症や感染の原因になることもあります。

閉経後の膀胱炎は、発症させない・悪化させない予防的ケアが大切

比較的若い世代の女性が多く発症する急性膀胱炎の場合、頻尿や血尿といった症状が急激に現れますが、GSMのひとつである膀胱炎は慢性化しやすく、強くはないけれども、漠然とした下腹部の不快感や残尿感、頻尿といった症状が長く続きます。

 

症状が気になり、日常生活に影響が出ることも少なくありません。治ったと思ったらまた症状が出るなど、繰り返しやすいのも特徴です。

GSMの予防に大切なのは、日頃からデリケートゾーン専用の洗浄料を使い、腟の常在菌を良好に保つこと。また、デリケートゾーンに違和感やかゆみ、痛みなどの症状を感じている場合は我慢せず、婦人科を受診してみましょう。

 

この機会にデリケートゾーンケアを見直し、不快な膀胱炎にかからないようにしましょう。